ファインリッチ

最初、メンバーという意味が分かりなかったけど、ファインリッチはアイテムを買う際に、メンバー登録が必要らしいね。
ファインリッチの販売方法は、今賛否両論あって、世間だとどちらかというと悪評が高いといわれているマルチ系ようだけど。
ただ、ファインリッチのメンバーである友達は、いかにもマルチ・・・と連想させるような、強引な勧め方をするわけでもなく、こちらから声をかけない限り、特に言ってこないタイプだね。

ファインリッチは外資系・アメリカに本拠地のあるトータル・ウェルネスをテーマにしているらしい企業なのだけど、アメリカ本拠地のコスメ・ヘルスグッズメーカーは、販売形態として、いわゆるマルチ法でしているところが他にもかなりありますね。
実際に、ファインリッチのアイテムを納得して買うかどうかは、クーリングオフ制度もあるし、本人の判断かで決めればいいかな、くらいに思いますけどね。
あまり高いアイテムで、いかにも強引な手法だったら、当然怪しい・・・と思いますけど。

おいどんは友達に、お試しとしてアイテムを使わせてもらったことがあるけど、いい感じでしたね。
値段を聞いてみても、高価すぎるわけでもないので気になりはじめた。
友達自身もメンバーだけど、ビジネス活動は特に熱心にしているわけではなく、みたところ知らないことも多そうなので、疑問は自分で調べなきゃ・・・と、今ではおいどんのほうがよく知っているのではないかな、と思います(笑)

お役立ち 関連情報

米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。脱北者を装ってスパイ活動をしていたとして韓国で逮捕・起訴された北朝鮮の女工作員、元正花(ウォンジョンファ)被告(34)が、北朝鮮の工作機関から日本で会うよう指示されていた人物の中に、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体の幹部が含まれていた、と韓国検察当局が起訴状に記載していることがわかった。 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」 韓国で国家保安法違反の罪で27日に起訴された北朝鮮工作員の元正花被告。日本での永住権を得るため、日本人男性との結婚を図っていたことが、韓国検察当局などの合同捜査本部の調べで30日までに明らかになった