熱くならずにロスカットりをあっさりとする

プロのトレーダーは絶対マイナスを仮定した取引を行っていますから、「この額まで下降したらロスカット」という事を決めている。
個人トレーダーでは色々な心情が交じり合い、ロスカットのタイミングを失う事も少なくないが、プロはさすがあっさりとロスカットをするぜ。
確かに、「塩漬」という値がまた上昇するのをじっくり待つのも作戦の一つこれはあくまでもかなりの低レバレッジでかけている時で、更に万が一下落しても強制決算にならないように十分な軍資金を用意している時のみ利用できるアプローチだぜ。
プロはデイトレを行いますから、値が上昇するまで待っている暇はなく、日々値の動きを細かく見てみている。
プロと言えどもデイトレをするときに読みが外れる事もあり、またそれを十分考慮に入れた投資を行いますから、読みが外れたら当然としてマイナスを受け入れます。

金融と投資 関連情報

地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 保険業法で事実上禁じられている保険事業の分割譲渡について、金融庁は今秋、金融審議会(首相の諮問機関)で規制緩和の検討を始めることが25日分かった。保険会社の経営の柔軟性を高める狙いだが、業界再編の引き金になる可能性も高い。 生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。